起業家について

起業家として

かつて「労働」と言えばどこかに就職し、定年まで頑張るものでした。いわゆる「終身雇用」と呼ばれていた時代には、これが当たり前の話しでしたが、近年では労働スタイルも多様化しています。終身雇用が事実上崩壊したとも言われているように、一つの所で定年まで働くのではなく、スキルアップのために転職する人もいれば、自分自身の可能性を信じ、起業する人もいます。雇われているという事は、自分自身は雇われている組織の歯車とならなければならないものです。

言葉にすると少々厳しい印象となってしまいますが、組織に属するという事は、言い換えればそのような事なのですが、起業するという事は、誰かに雇われるのではなく、自分自身がトップに立つのですから、すべて自分の自由にビジネスを行う事が出来ます。雇われている場合、自分が思っている事とは異なる事ではあっても行わなければならないものですが、起業してトップになれば、すべて自分の意思で行う事が出来ます。行いたくない事を無理に行う事はありません。ですが、収入がゼロになってしまうケースもあります。組織に属していれば「お給料」という形で報酬を得る事が出来ますが、起業した場合、収入が保証されるものではありません。雇用されているよりも大きな収入を得る事も出来れば、雇用されている方が良いのではと思う事もあるかもしれませんが、起業家になる上で大切な事はどのような事があるのかをいくつか説明致します。

才覚

起業家となるという事は、言い換えれば「全責任を自分で負う」事になります。従業員の場合、ミスした時には責任が及ぶ事もありますが、基本的には「言われた事を行う」というスタンスです。その点、起業家は全て自己責任になりますので、何を行なうべきかから考えなければならないのです。人を使うべきか、自分で行うべ・・・

詳細はこちら

シミュレーション

シミュレーションも大切です。起業はゲームではありません。よほどの財力があるというのであれば話しは別ですが、基本的には損失を出来れば抑えたいものです。利益を追求しようと考えるのであれば、様々なシミュレーションを行い、利益を計算しなければなりません。「なるようになるだろう」というスタンスは、雇われている立場・・・

詳細はこちら